芝生の水やり◎

New

暖かい日の続く近頃、いかがお過ごしでしょうか。

春、暖かくなってきた頃が芝を植えるのに最も適した時期です。

お家時間を愉しく過ごす時節の中、

芝生を植えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は芝生の水やりの仕方について、

大事な点をいくつかまとめてみました。


芝生にとって水は、

空気や肥料成分と共に、芝生の生育にとって大切な要素です。

芝は過湿も乾燥も嫌います。

 お水のあげすぎにならないように注意しましょう。


芝が青い時期、水やりは日中を避けて毎日行いましょう。

 日中の気温の高い時にお水を与えると芝生が傷んでしまったり、

 日焼けの原因にもなります。


ホース内の温まった水は捨て、冷たい水を与えてましょう。

 お水を出してしばらく待ってから、お水をあげましょう。

 

植えてから芝が活着するまで(約1ヶ月半位)

乾燥している時は朝・夕2回。

その他は、朝又は夕方の涼しい時間帯に。

地中深くまで水分がいくようにたっぷり与えます。


芝生は管理が大変かと思われる事もありますが、

育てる楽しさや、管理された芝庭を眺めた時の充実感もひとしおです。


芝生はグランドカバーとして、雑草からお庭を守ってくれる役割も。

雑草をとる大変さから、芝生を育てる愉しみへと、

暮らし方を変えてみるのも良いかもしれません。


POINT

◎芝庭の広さや芝生の種類などに適した散水道具選びをしましょう。

辺部や目地部の目土(目地の砂)が流出してしまったら、

芝生の根がお水を吸えなくなってしまいますので、

必ず充填しましょう。